転職するにはタイミングが大切

転職したいがどのタイミングで転職したらいいかということで悩んでる方はたくさんおられると思います。

「いつやるの?今でしょ!」なんて言葉も最近じゃみんなが知ってる流行語ですが、そう簡単に転職ができればそんなことで悩む必要なんてありませんよね。

悩みの問題としまして多くあげられるのがこういったことだと思います。

  • 給料のアップが見込めない。
  • もう少し我慢すれば昇進できるんではないか。
  • もう少し安定を求めたい。
  • 仕事に一つ区切りがついた。
  • 新たな職種にチャレンジしてみたい。etc・・・

人それぞれ悩みの種は全然違ってくると思います。
こういった理由で転職を考えるのは全然普通にあることです。
ただ、いざ前の会社を辞めた、次の新しい就職先が見つからない、こういったことで一歩前に進めないのだと思います。

だったら我慢してそのまま働いとけよ!と言われればぐうの音も出ませんよね。

色々といった技術やスキルの有無もかなり転職には左右してくるとは思いますが、なんといっても、転職に一番の大事なものは「勇気」なんではないでしょうか?
一歩前に出る勇気です。
そこを持てない限り、転職のことは考えない方がいいと思います。

そこで履き違えてほしくないのが、「勇気」と「無謀」の違いです。
ここのお話での「勇気」は転職しても間違いはない、という確信を持って一歩前に出るということで、何も確信も持ってないのに一歩前に出るというのは、それはただの「無謀」です。

「勇気」=「確信」を持つ(身につける)。まずそこがないとこの転職という話では前に進めないということです。
人それぞれ、その「確信」というのも違ってくるとは思います。
転職への一歩前に進むということの前に、「確信」をつかむために一歩前に進むという考えに変えてみてはいかがでしょうか?
「確信」をつかめば、自然と転職への道が開けてきます。そこが転職のタイミングではないでしょうか?

その例を私なりに少しあげてみたいと思います。

  • 今の会社に働きながら、あらゆる資格を取得する。
    こういった行動をしている人は多いはずです。資格があって損することは絶対にありません。仕事への視界も必ず広がってくるはずです。
  • ひとまず、管理職になるまで全力で頑張ってみる。
    管理職になったんだったら辞める必要ないと思う人も多いと思いますが、聞いた話だと管理職になってからの転職の方が、普通に転職するより断然いい条件で転職ができると聞きました。管理職になるまでに何年かかるか会社によっては違うでしょうけど、それまでに色々な世界が見えてきます。そのまま会社に残って骨をうずめるもいいですし、今よりいい条件を探すといのも手だと思います。
  • 会社を見切り独立。
    これはかなりリスキーですけど、充実度、やりがいは何倍とも上がってきます。
    すべてが自分の責任ですので、これに関しては先ほども書いたように「勇気」と「無謀」を履き違えないようにお願いします。

と言い出したらきりがないですが、自分なりの「勇気」=「確信」を見つけ出してはいかがでしょうか。

 

レコメンドサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です